おじいちゃんは神レベル!!!〜夏の味覚篇〜

  • 2017.07.29 Saturday
  • 17:20

 

 

 

おじいちゃんは旬の味を大切にする、違いの分かる男!

 

ジャジャーン!!!

 

夏の味覚といえば

とうきびと枝豆!!!

 

おじいちゃんは孫のために

大鍋にお湯を沸かし、

夏の味覚を茹でてくれます。

 

『海の水くらいのしょっぱさで茹でるのがちょうどいいよ(*^_^*)』

優しくおじいちゃんのこだわりを伝授します。

 

おじいちゃんがとびきりの笑顔で

『美味しい〜〜〜(*^_^*)』

 

っと言えば

 

孫はおじいちゃんと同じ顔で

『美味しい〜〜〜!!!(*^_^*)』

 

夏のリビングの笑顔がいくつになっても

目に焼き付いています。

 

おじいちゃんのビールをお酌しながら

孫たちはおじいちゃんの膝でとうきびと枝豆!!!

 

夜にはスイカを食べてからクワガタとりのお散歩。

 

夏休みのなんとも言えない優しい思い出が

これからの子ども達の夏をずっとずっと支えていくのだと思うと

おじいちゃん家も大切な場所だな・・・

っと、家族の大切さと共に

家の大切さをまたまた実感。

 

 

ちなみに・・・

とうきびは茹でたてをすぐにラップで包むと

シワシワにならずに、ぷりぷりの触感が保てますよ!

 

枝豆は枝から外したら塩で産毛をこすり洗いしてから茹でると

口当たりがいいです。

 

おじいちゃんがいない二回目の夏・・・

 

何を食べても

何を見ても

どこへいっても思い出す・・・

 

とびきりの、おじいちゃんの笑顔!!!

 

ずっとずっと大好きだよ〜〜〜!!!おじいちゃん(*^_^*)

おじいちゃんは神レベル!!!激熱編

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 07:23

 

 

今から5年ほど前、実家のお寺が父の代で移転新築をしました。

今では本堂から廊下まで、どこに行っても

冬は暖かく、夏は涼しく、いつでも手を合わせに行けば

快適な温度になっています。

 

しかし、昔のお寺は冬は寒くて夏は暑い大変な作りです。

(お寺が寒いのは宮大工が北海道にはいなく、

内地から来る宮大工が作る建物なので

北海道使用になっていなと聞いたことがあります^_^;)

 

 

特に本堂は山を背負っていたので風が抜けず、

お盆のあたりは滝のような汗をかきながら

畳の上で塔婆を黙々と書く父の姿が

 

『心頭を滅却すれば火もまた涼し!』

 

まさにコレ!

 

暑いとも言わず

辛いとも言わず

ただひたすらに筆を運ぶ。

 

 

子どもだった私は父に聞いたことがあります・・・

 

『暑くないの?』

もちろんアイスか何かくわえながら、頭の悪そうな顔で聞いたと思います(*_*;

 

 

『あなたと同じように暑いですよ(*^_^*)』

っと父は笑って答えました。

 

 

暑いんだ・・・

お父さんも暑いんだね・・・

暑くないよ〜みたいな顔してるけど

やっぱり暑いんだ〜(T_T)

 

 

その頃は

『お父さん、わかりにくい人だな・・・』

っと思っていたのですが、

今はその精神力の強さに尊敬しかありません。

 

 

暑いときに

『暑い暑い!』っと連呼する私と

黙って仕事に集中する父。

 

(T_T)もうすぐ46歳、そろそろだぞ私!!!

がんばれ、私!!!

心の成長を願わずにはいられない・・・暑い夏です・・・

         

       あ〜アツイ^_^;

                 失礼しました<(_ _)>   

 

おじいちゃんは神レベル!!!雑草編

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 07:36

 

 

 

私の父は几帳面な人で、お寺の境内地に雑草が出てくると

完全プロフェッショナルな恰好に草刈り機を抱えいざ出陣!!!

 

 

雑草という雑草を刈りまくり

広い境内地もスッキリさっぱり綺麗になるその感じは

髪型で例えるなら丸坊主!!!

 

 

その丸坊主な境内地を見て母は

『やり過ぎ^_^;』っと毎回苦笑いです。

 

 

父曰く、家の中をきれいに整えることも大切!

家の周りの土地を整えることも同じくらい大切!

 

 

私は虫も苦手、日光湿疹も出る、腰も痛くなるので

草むしりは・・・ちょっと・・・キライ^_^;

 

 

でも父の教えを守るべく

雨上がりの土が緩くなっているタイミングで

雑草と戦うのであります(^o^)/

 

丸刈りには出来ませんが

角刈りくらいを目標に頑張ります。(どっちもセンスが・・・^_^;)

 

 

 

 

 

 

おじいちゃんは神レベル!!!繋がっている編

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 08:02

今日は父の月命日です(*^_^*)

 

 

毎月、月命日には積団子を作ります。

 

 

上新粉をお湯で練って、丸めて、積んで、蒸す。

とても簡単な作業ですが心の在り様が、お団子に出てしまいます。

 

 

ま〜るく・ま〜るく・ま〜るくな〜れ♪

っと丸めているのに、心が乱れている時は丸くなりません。

反対に心の整っている時のお団子は見事に丸く、団子の天才降臨!!!っと感心するほど

積んだときに全部の丸が線で繋がります。

(すぐに調子に乗る悪い癖があります。ご注意ください。)

 

 

お団子を20個作って積み上げるのですが、

丸くならなかったり、大きさがバラバラだと、

仕上がりが歪み、団子と団子の間に隙間が出来てしまいます。

 

 

単純な作業だけれど、丁寧にひとつひとつ心を込めないと積み上がらないお団子に、

日々の暮らしと同じだな〜っと朝一で悟りの境地を巡って来ました(@_@。

 

 

 

お寺の住職だった父は、いつも感謝する心を大切にしていて、

めんどくさがりの私が「こんなめんどくさいことなんでするの〜?」っと、

悪態をつくたびに「させてもらえることに感謝しなさい。」っと言っていました。

 

 

その頃は(ー_ー)!!感謝出来ない!!!

っと思っていたのですが、最近少しさせていただくことに感謝出来る自分が

出現したり・・・しなかったり^_^;

 

 

 

でもひとつ、絶対にわかったことは・・・

全ては繋がっているっていうことかもしれません。

 

 

お団子のように

日々の暮らしのように

人と人

笑顔と笑顔

自分が起こす行動が、すべて先に繫がっていると思うと

大切なものが沢山見えてきました。

 

 

そして今朝作ったこのお団子も、大好きな父へ想いが繋がっていると

感じています(*^_^*)

あ〜なんか幸せだな〜!!!

お父さんありがとう♡感謝します!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おじいちゃんは神レベル!!!ネズミの穴編

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 05:05

娘が小学生のある日、「お母さん、学校の先生って勉強しかできないわ・・・」

っとがっかりして帰ってきたことがありました。

 

理由を聞くと、学校のトイレにネズミが穴をあけたのを先生が直した。

その直し方が、段ボールを切って穴に貼っただけ。

「小学生の私だってそれじゃダメだってわかるよ!(-_-;)」っと・・・。

 

『こんな時おじいちゃんならスゴイよ!\(◎o◎)/!』

っと熱く語りだしました。

 

どうやら前におじいちゃんの家にもネズミの穴があり、そこを塞ぐのに

おじいちゃんはアルミ缶を四角く切って、金づちで伸ばし、釘で打ち込んだのだというのです。

 

おい娘よ、今の時代になかなかネズミの穴は開かないが、その職人気質な所が、

お母さんは大好きだよ!

そして間違いなくおじいちゃんの血だ(*^。^*)

 

この分だと将来君が連れてくる彼氏は・・・・・(^_^;)

 

 

大切なものを直しながら、愛情込めて使い切る精神をここでもおじいちゃんから学んでいた幸せな孫たちでした。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM