むか〜し、昔おばあさんは・・・〜第七話〜

  • 2017.08.06 Sunday
  • 07:05

 

 

昨夜、娘が花火大会に浴衣を着ていきたいと言いまして・・・

 

数枚ある中から選んできたのは、

紺色の生地に毬とお花柄の清潔感のあるものでした。

 

着せてくれるのは、私の母笑

私は作り帯しか出来ませんが、

着付けを長く習っていた母は、

とっても可愛く帯を作ってくれるので、娘のご使命ですキラキラはぁと

 

母が嬉しそうに娘の浴衣を着つけてながら、

『その浴衣・・・おばあちゃんがあなたに作ってくれたんだよね〜↑

と私を見て言いましたエクステンション

 

忘れてました・・・もう30年も前におばあちゃんが私を採寸して作ってくれた

手作りの浴衣〜きらきら

 

まるでつくりたての浴衣のように綺麗で、

母がどれほどおばあちゃんが作った浴衣を大切にしてきたかがわかります。

 

そしてその浴衣を母が愛してやまない孫が・・・

更におばあちゃんから見たらひ孫が・・・

今もこうして笑顔で着ていることを喜んでくれているかなハートきらきらニコッ

 

浴衣一枚にも大切に受け継がれる思いを感じてホッコリしましたハート

 

娘が浴衣用のバックを作ってほしいと数日前に言い出したので

食器棚に入っていたお菓子のカゴと、

最近使っていないお弁当用のナプキン

これをリメイクして

 

浴衣に持てるカゴバックにしてみました!

 

使わない物を使える物に変身させるって楽しい笑

 

さてさて、むか〜し昔おばあちゃんは・・・

浴衣を縫うとき、職人の顔をしていました。

ただ無心に手を動かして、一針一針心を込めて。

 

作った浴衣や着物を孫が着ると、必ず一言

 

『上等博覧会だ!!!』

っと、とびきりの笑顔で言います笑

 

笑うとこなのか、喜ぶとこなのかよくわからないけど、

とにかく上等なものが出来上がったことにみんな笑顔で喜びました拍手

 

今年はひ孫が上等博覧会だよ、ばあちゃんハート

ありがとう!   ありがとう!   ありがとう!

ばあちゃん、ずっと愛してるよ〜ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM