むか〜し、昔おばあさんが・・・〜第五話〜

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 07:04

 

 

 

祖母のくちぐせは

 

本物の・・・

 

『もったいない!』(ー_ー)!!

 

 

 

青森で産まれ、産まれてすぐに母親を亡くし

学校に行くこともままならずお嫁入り。

 

 

なので文字の読み書きができませんでした。

 

 

文字が読めないし、書けないのになんだって知っている。

 

 

ばあちゃんはご近所の韓国人の方から習ったキムチを

毎年レシピも見ないで丁寧に作るのです。しかも激ウマ!!!

毎年安定の味付けです。

 

 

ばあちゃんは和裁をします。

採寸をしますが紙に書き取りません。

書けないし読めないので全部暗記します。

 

子どもの着物や孫のお節句用のアンサンブルなどは

全部ばあちゃんの手作りです。

 

 

ばあちゃんはお片付けも掃除も得意です。

でも雑誌や本でアイディアをもらうのではなく

自分で体を動かした知恵で行動します。

 

 

そんあばあちゃんは物や道具を大切にします。

使っては洗い、壊れては修繕をして、また使う。

 

 

物が壊れたまま使うとか、埃だらけになっているなんてことはないのです。

手入れをしてある物や道具は、たとえ高級品でなくても

いつだって光っていて、いつでだってすぐにい役に立ってくれる。

 

 

ばあちゃんのご飯が美味しいのも

ばあちゃんのいる家がホッとするのも

ばあちゃんの笑顔が優しいのも

物を大切にする心に繫がっているんだな〜っと感じます。

 

 

そんなばあちゃんも

壊れたものを捨てる時はあっさりです。

 

『壊れたもんはしゃ〜ないべ!(-。-)』

 

また新しく自分の役に立ってくれる物の手入れをしながら

丁寧に日々を送るばあちゃんのお話でした(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM