むか〜し、昔おばあさんは・・・〜第八話〜

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 12:09

 

 

 

寒くなると思い出す味ってありませんか?

 

私はおばあちゃんの甘酒ですちゅんハート

 

誰が作っても、なぜかおばあちゃんの味にはならなくて、

 

今ではもう、その甘酒を飲むことはできません。

 

おばあちゃんの作る甘酒は、とっても大きなお鍋で、

 

『甘酒売るのかい?』ってくらいの量でつくります。

 

子どもの私も、とっても甘くて体の温まる、

 

何杯でも飲みたくなる、美味しい美味しい甘酒でした。

 

学校から帰ってくると、『甘酒のむか?』と聞いてくれます。

 

懐かしい~ヽ(^o^)丿おばあちゃんは、青森出身で、かなりなまっていました。

 

私の弟は、「けいいち」 という名前でしたが、

 

何故かおばあちゃんが呼ぶと、

 

『けっつ〜〜〜!』っと聞こえる(@_@;)

 

何度聞いても『けっつ〜〜〜!』と聞こえる顔(弟は苦笑い汗

 

そして、もう一つの味が、

 

朝鮮漬・・・キムチですね。

 

本場の漬け方を教えていただいたらしく、

 

めちゃくちゃ辛くて、本格的なキムチを秋になると漬けます。

 

子どもの私は、美味しいから食べたい・・・

 

でも、辛い・・・

 

そこでコップに水をくんできて、

 

キムチを水で洗いながら食べていましたちゅん

 

そこまでしても、美味しいキムチでした。

 

おばあちゃんの美味しい甘酒やキムチには、

 

いつでも周りに家族が集まる力がありました。

 

家族の笑顔と、おばあちゃんの甘酒ハート

 

家族の笑い声と、おばあちゃんのキムチハート

 

おばあちゃんの作る物が、家族の中心になる事が沢山あった事を

 

温かい気持ちで思い出す、寒い今日でした拍手

 

家族のあたたかさは、いつまでも忘れない物です涙

 

おばあちゃん、ありがとう感謝ハート

 

ずっとずっと大好きだよハート

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM