お母さんのご飯

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 22:38

 

 

 

家族はお母さんの料理で何が好きですか?

 

我が家は昨夜、シチューだったのですが、

 

学校帰りの子どもから、『まだシチューある?』

 

というラインが・・・

 

『もうないよ〜!今夜は餃子!』と返信。

 

子どもって、大人と違って好きな物を連日食べれるんだな〜・・・

 

確かに私もそうだった様な気がします。

 

そして今も、自分の作った煮物を連日食べるのはきついけれど、

 

母の作った煮物は毎日でも食べられます。

 

理由はわかりませんが、お母さんが作ってくれた味は安心するのかな〜。

 

心と体が求めているのかな〜。

 

大人になっても、お母さんの作ってくれるご飯は美味しいですよね。

 

そろそろ冬休みが終わり、学校が始まりました。

 

給食を食べながら子ども達は何を思っているのかな?

 

お家で食べていたお昼ご飯を思い出しているかな?

 

それとも、久々の給食や、友達とワイワイ言いながら食べる給食を

 

楽しんでいるのだろうか?

 

我が家は子どもも夫もお弁当なので、引き続きお母さんの味ですが、

 

お母さんのご飯が食べたいな・・・あ〜お腹が空いた〜!という声は、

 

お母さんにとっては嬉しい声ですね。

 

晩御飯の匂いがする家に帰ってこられる幸せを、

 

今のうちに感じてもらいましょう。

 

もうすぐ家を離れる時が来るだろう子ども達に、

 

家に帰ってきたらご飯が出来ている幸せ。

 

お風呂が沸いている幸せ。

 

温かい家でお帰りなさいが聞こえる幸せ。

 

全ての当たり前で出来ていた幸せが、家族の愛情で出来ていたことに

 

感謝出来る心が育ってくれたら、きっと大丈夫。

 

社会に出てもいい時期になったという事ですね。

 

子ども達が我が家を巣立っていくまでに、伝えたい事を惜しみなく出していきましょう!

 

 

子どもの作品どうしてますか?

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 20:57

 

 

 

女子大生の娘が、学校で作って来た作品を必ず私にくれますヤッタv

 

幼児教育の学校に通っているので、作品も子供向けで可愛いのですが、

 

他のお友達はこの作品をどうしているのでしょうか?

 

娘は『今日これ作ったさ〜、あげるニコッ』と笑顔で言うので、

 

私は3歳の頃と同じように、大切に飾ります。

 

また新しい作品が来たので、昨年の秋に入れていた落ち葉のステンドグラスにサヨナラし、

 

今回は和風の雪の結晶のはがき手

 

 

和室に飾ってみましたちゅん

 

実は、大学生になっても、なぜか我が子の作ってくる作品は可愛いです暑い

 

親バカで大変申し訳ございません・・・

 

小さな頃からその気持ちは変わりません笑

 

なので、やっぱり今でも飾ってしまいます。

 

飾る理由は、娘の作ったものへの愛着と感謝の気持ちです。

 

なので、時期が来て新しい作品が入ってきたら、ありがとう・・・さようならです。

 

見てもいないのに、ただ飾りっぱなしでホコリまみれでは、

 

作品に対しても、子どもに対しても失礼です。

 

私の気持ちをホッコリさせてくれたり、ルンッと上げてくれる作品を

 

笑顔で見られるように、大切に扱う事を心がけています。

 

子ども達の作品は、きっと凄く楽しんだり、頑張ったり、心を込めて形にしています。

 

その子どもの心に触れた私たち親が感じる事、受け取る気持ちを大切に、

 

作品にも愛情を持って飾りたいと思っていますハート

 

その季節が終わってもずーっと飾りっぱなしや、色あせたり、破けた状態ではなく、

 

キラキラと輝く気持ちが伝わる状態で飾りたい!

 

子ども達の作品も、小さな頃から全てをとっておくことはできません。

 

でも、こうして大切に飾られていた風景は、いつまでも家族の心の中に、

 

そして、子ども達の記憶に残っていくのだと思います。

 

家族の笑い声の中で、作品たちもきっと喜んでいると思います。

 

そして、家族が心からホッとする、安心できる場所だと思えるのだと思いますピース

 

今日も・明日も・明後日も・・・家族が笑顔と愛情の中で暮らせますようにハート

 

 

 

 

どんど焼き初体験!

  • 2018.01.15 Monday
  • 13:23

 

 

 

毎年お正月飾りは、、実家のお寺のお焚きあげに出していたのですが、

 

今年は初めて岩見沢神社のどんど焼きに持って行きました。

 

持って行ったお正月飾りは、紙袋ごと火の中へ・・・

 

お正月に天から降りてきた歳神様は、どんど焼の煙に乗って天に帰るとされ、

 

それをお見送りするために行われると言われているそうです。

 

また、テレビでは無病息災や、家内安全など、家族の健康と無事を願っているとも

 

言っていましたよきらきら

 

とにかく、小正月である15日にどんど焼きをすることが昔からの習わしなので、

 

それを出来たことで、身も心もスッキリしましたニコッ

 

今年は鏡開きで、自宅のお餅、実家のお餅、そして夫の職場のお餅をいただき、

 

沢山の神様が宿ったお餅をいただきましたちゅんありがたいですお願い

 

 

話は変わって昨夜子ども達と携帯のゲームをしていて、

 

ブロックを組み合わせて一列埋まると消える、単純なゲームなのですが、

 

子ども達はとっても上手で、もう速さといい、センスといい、判断力が素晴らしい・・・

 

それに比べて私のセンスのないこと・・・

 

子ども達からは、適当にやってる?

 

ちゃんと考えてる?

 

オイオイオイ・・・笑などと呆れられ・・・

 

最後には、『お母さん無駄な空間キライでしょ?

 

このゲームも空間の無駄遣い禁止!

 

しっかり!整理収納アドバイザー!』と励まされました泣

 

私の空間管理能力にダメだしの嵐沈

 

今年も、おごることなく精進し、無駄な空間を有効に使えるように

 

頑張りたいと思いますちゅんハート

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独な家事からの救出!

  • 2018.01.14 Sunday
  • 10:45

 

 

 

あるお片付け真っ只中のママからのラインが面白かったのでご紹介します。

 

代行サービスに2回伺っているのですが、

 

今はお一人で衣類の仕分け作業をされている期間です。

 

時々孤独と戦っているだろうと思い、

 

陣中見舞いのラインを送らせていただいています。

 

先日、

 

『先生をスモールライトで小さくしてリュックに入れて連れまわしたいですハート笑』

 

と書いてくださり、私は一人で大笑いしてしまったのですが、

 

お片付けが出来る家を作るまでに、向き合わなければいけないことが沢山あります。

 

今までの暮らし、生き方、物との関係に向き合うことは、

 

ほぼ修行僧・・・しぶっ4

 

内観という作業と同じです。

 

自分の内側と向き合う事なので、物でありながら、決めるのは心です。

 

私が代行サービスで一緒にお片付けに手をかける時も、

 

物を動かす前に心の動かし方を横でサポートさせていただくことが目的です。

 

内観の仕方がわからない・・・という事は物と向き合えない・・・

 

という事は、自分の暮らし方や生き方と向き合えていないという事です。

 

それでは孤独なお片付けを永遠に続けなくてはいけません。

 

どんな家にも、お片付けには必ず終わりがあります。

 

それは、ご自分の心と向き合い、大切にすることが見えた時です。

 

だからお片付けをした後には、スッキリとした気持ちになるのだと思います。

 

そしてしっかり見据えた先の目標が明確になるから、良い事が舞い込むのだと思います。

 

さて、私をスモールライトで小さくして連れまわしたら、

 

きっと後悔すると思いますよ笑

 

よく食べるし、大きな声で笑うし、けっこう口うるさいですけど・・・

 

それでもよかったら、なるべく小さくなってエスパー三星的にカバンに入っていたいと思います。

 

くれぐれもご飯は忘れずに与えてくださいブタ

 

 

 

 

先取り準備で季節を楽しむ

  • 2018.01.13 Saturday
  • 06:59

 

 

 

お正月飾りを片付け、気持ちはすっかり次の行事の準備ヤッタv矢印上

 

という事で2月には節分が待っております。

 

皆さんの家では節分に何をしますか?

 

2月3日節分に、豆と恵方巻きを食べてあっという間に終わってしまうのはもったいないおい

 

立春までの少しの期間ですが、私は心の鬼を家族に意識してもらうべく

 

玄関にまたまた鬼の飾りをしてみました手

 

(もしかしたら、家族はお母さんが一番心の鬼と向き合ってくれ!と思うかもムスっ

 

 

戌年の犬も飾りつつ、ミッキーとドナルドの鬼のお面の姿と、豆の入った枡が可愛いkyuハート

 

この下には鬼の絵本を飾っていまして・・・

 

まだ家族からのコメントはなく、いつ気が付くのかとニヤニヤしている私です。

 

昔寝る前の読み聞かせで読んでいたのですが、覚えているかな・・・とちゅん

 

節分は立春の季節を分ける行事ですが、保育の現場では心の鬼を退治する行事になっていますお願い

 

心の鬼を退治する・・・耳が痛いですね。

 

子どもは善悪の判断を学んでいる途中なので、心の鬼と戦うという事に悪意がないけれど、

 

すっかり善悪の判断が出来る大人の私は、心の鬼にズルさがありまして涙

 

まっ、いいか・・・めんどくさい・・・また今度・・・なんてズルズル先延ばし・・・

 

そんなズルズル鬼を退治して、今年は気が付いたことがすぐに行動できる

 

テキパキと笑顔で行動できる人になろうと思いますグー

 

節分2月3日までの3週間は特に意識して過ごし、今年一年を悔いなく

 

過ごしたいと思います!

 

皆さんの心の鬼はどんな鬼ですか?

 

自分の鬼と向き合ってみませんか?

 

そして今年一年は、鬼退治をして強い自分で参りましょう顔ビックリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM