ご心配おかけしました<(_ _)>

  • 2020.02.16 Sunday
  • 19:35

 

 

 

10日の月曜日から発熱し、インフルエンザと診断されました(/ω\)

 

二日で熱が下がり楽になると思いきや

 

熱のないはずの体の痛みが尋常ではなくて

 

熱が下がって二日でまた発熱。

 

体の痛みを引きずり病院へ行くと、今度は

 

中耳炎になりかけていたようで

 

抗生物質が出ました。

 

病院から帰ってきた私の体温は

 

39.2度!!!寒かったです(/ω\)

 

そこから抗生物質と痛み止めのロキソニンで今日で三日目

 

やっと今朝平熱になり、少し物が食べられるようになりましたが

 

お風呂に入るたびに鏡に映る自分の体が

 

どんどんガリガリに痩せていくのが怖くて

 

見ていられませんでした(゚Д゚;)

 

昨年まで痩せたい〜なんて言っていた私が

 

まるで嘘のように今は太りたい星人です(≧▽≦)

 

この病人のような体を復活させなければいけないので

 

今は一生懸命ご飯を食べ、

 

出来れば捕食として、乳幼児の様にフルーツや

 

ナッツ類、チョコレートなどをつまんで

 

少しでもカロリーを摂取する努力をしている私です。

 

いつもの事ですが、何かに集中すると

 

自分の体の声が聞こえなくなる私・・・

 

まずはそこに最大の反省があるのですが、

 

最近ずっと学びたくて仕方がなかったことがあり

 

寝る暇を惜しんで本を読んだり、

 

文献を調べたりと、ストイックにやっておったのですよ・・・

 

その結果、とうとう私の免疫は下がり

 

インフルに・・・

 

そこで終わらずに中耳炎・・・

 

もう弱り目に祟り目です。

 

14日の感謝DAYも日程を変更させていただいたにも関わらず

 

皆さん快く変更してくださり、本当にありがたかったです。

 

ありがとうございます<(_ _)>

 

あまりの体の痛みに、もしかして大病を患ってしまったのではないかと

 

不安になり友達にも相談したりして、

 

皆さんの優しさと愛のお陰で

 

いまやっと快方に向かっています(*´▽`*)その予定です・・・

 

あと少し・・・

 

もう少しだけ時間をかけて

 

体重と体力を戻し

 

万全の体調で皆さんにお会いできる日に向けて

 

努力したいと思います(^_-)-☆

 

長くブログもお休みしてしまいすみませんでした<(_ _)>

 

皆さんもご自愛くださいね(≧▽≦)

心配ですね・・・家族を守るために出来る事

  • 2020.02.09 Sunday
  • 08:46

 

 

 

毎日テレビをつける度に心配をしてしまうコロナウイルスです。

 

外出する時にはマスクをしたり、うがい手洗いはするのですが

 

店頭からマスクが消え、消毒液が消え、除菌ウエットまでが品薄です(/ω\)

 

予防するために必要な物が手に入らないって不安になりますよね(◎_◎;)

 

出来るだけ外出せずに、外ではなるべく物に触らないことが大切なようです。

 

そして、もう一つ気になるのはお家の状況です!!!

 

みなさん外に出る時にはマスクや除菌で気を付けますが、

 

家の中に菌が侵入しにくい暮らしをしていますか?

 

外に着ていったアウターを部屋の中にポンっと置きっぱなしにしていませんか?

 

外で付けていたマスクを袋に入れて捨てるのに、

 

その時着ていたジャンバーについた菌を部屋の中に入れてしまっては

 

全く意味がありません。

 

外で身に着けていたものは、なるべく部屋の中に入れない方法が

 

いいかもしれませんね(*_*;

 

そしてお部屋の中も考えてみましょう!

 

物が多くお掃除がしにくいと

 

お家の中に持ち込んだ菌が付着しやすく

 

お掃除をこまめにしてササっと取り除くことが難しくなります。

 

出来るだけシンプルでお掃除がしやすくて、

 

ふわふわと舞い散る菌さえもしっかりとキャッチできるお家にしておくことを

 

おススメします。

 

一生懸命予防をしても、かかるときはありますが

 

熱を出して寝込んだ時でも、

 

お部屋が散らかりにくくて、家族が普段のルーティーンをしてくれる

 

お家作りが、自分の精神衛生上も良いのではないかと思います(*´▽`*)

 

毎日コロナウイルスで心配が続きますが

 

インフルエンザも流行しているようです!

 

その不安を払拭するためにも、

 

シンプルに菌を家に持ち込まない暮らしをしましょうね!!!

 

今日も寒いです!!!皆さんご自愛くださいね(*´ω`*)

 

 

 

ヤル気スイッチどこにある?

  • 2020.02.08 Saturday
  • 10:21

 

 

 

テレビのCMでご覧になったことがあると思いますが、

 

君のやる気スイッチ〜のフレーズって印象に残りますよね!

 

CMでは勉強をする子どものやる気スイッチを探すものですが、

 

実際に私達大人の毎日はどうでしょうか?

 

子どもの立場で言えば、

 

毎朝眠そうに起きて辛そうに作るお弁当を、

 

お母さんのやる気スイッチを押したら全力で美味しいお弁当を作ってくれたらいいのに・・・

 

と願う子どもがいるかもしれないし・・・

 

脱いだ靴下や服をそのままにするお父さんのやる気スイッチを押したら

 

洗濯カゴまで運び、ついでにお母さんが喜ぶ家の事を一つくらいしてくれたら

 

お母さんの御機嫌がよくなるのに・・・なぜ気づかないお父さん(/ω\)

 

なんてね、子どもの勉強のやる気スイッチを気にしている

 

お父さんやお母さんのやる気スイッチも

 

あちこちにあることを日々の生活で感じます(´▽`*)

 

先日我が息子に質問をしてみました!

 

一人で暮らしていて、毎日ビッチビチに忙しいスケジュールで

 

もう嫌だ!さぼってやる!もうやめた!って思うことないの?っと

 

人が当たり前に感じる感情をどう解消しているのか知りたくて、

 

あえて聞いてみたのです。

 

息子の回答は「あるよ!もうやりたくない!もう動きたくない!って思うことはあるよ!」

 

それなのにどうしてやるの?

 

そんなに辛かったら辞めちゃえばいいのに〜なんてさぼりを推奨したりして(≧▽≦)

 

すると返ってきた言葉は、

 

「さぼろうかな〜とかさ、やめようかな〜と思うけど

 

お父さんとお母さんがこれだけ応援してくれてるから、やるかな!って切り換える(^_-)-☆

 

そんな簡単にやめられないよ!いつもありがとうね!」

 

っと言っていました。

 

それならなお更さぼってオッケ〜!!!

 

私は息子が笑顔で頑張ることを推奨しておりますので

 

我慢ばっかりとか、辛いばっかりは嫌なのです!

 

そこで自分と向き合って感じる気持ちに正直に

 

なってほしいと願っています。

 

しかしここで大切なのが、昨日の自律のお話です。

 

自分を律する心に繋がっていることにお気付きでしょうか?

 

イヤなことや辛いことを乗り越える時、

 

根性で続くには限界がありますが、

 

親や自分を取り巻く周りの人に

 

たくさん愛されて愛情を知り、

 

信頼関係が確立し、

 

心が安定して育つということが

 

将来のやる気スイッチになっているのです。

 

だから愛情を沢山もって人を育て

 

信頼し合って成長することが

 

とっても大切です。

 

その環境が子どもの自律だけでなく

 

沢山の生きる力に繋がっているのです。

 

人が育つ基礎にあるのが

 

愛情と信頼であることは間違いない!!!ッと私は思うのです。

 

その頑張りの先にあるのは、ポジティブなヤル気\(^o^)/

 

限界だと思ったら身を引くこともちゃんとわかっているでしょう。

 

それが自分を大切にする事ですからね(*´▽`*)

 

親子でやる気スイッチを探す前に、

 

親子で愛情を感じながら日々を過ごせると良いですね(*´ω`*)

 

頭で理解する認知能力ではなくて

 

心で納得する非認知能力が、今とても注目されている力です!!!

 

コミュニケーションをしましょう!

 

言葉を交わしましょう!

 

お互いの想いをうけとめましょう(*´▽`*)

 

未来はやる気スイッチでいっぱいなはずですよ\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガッツに根性論世代の私

  • 2020.02.07 Friday
  • 18:45

 

 

 

昭和生まれの私は、ガッツに根性論ど真ん中世代です!(≧▽≦)

 

部活もど根性論、仕事も無駄にど根性、そして生き方も無理を承知でど根性!!!

 

だって、それが美徳でそれをしないと誰もが認めてくれない時代だったのです(/ω\)

 

私達世代が子どもの頃には、アリとキリギリスというお話がありました。

 

夏の間遊ばずに必死に働き、冬支度をした働き者のアリは、

 

温かく食べ物にも困らない冬を過ごすのですが、

 

夏の間遊んですごしたキリギリスは

 

寒い外で食べ物もなく震えて過ごす冬になるというお話・・・

 

真面目に働かないとこうなるよ‼ッという、

 

教訓めいたお話です(◎_◎;)怖いですね・・・

 

そうか・・・働かないとこうなるのか・・・

 

キリギリスは働かなかったのだから仕方がないのか・・・

 

そう子どもだった私も思ったに違いありません(◎_◎;)

 

しかし、その根性論が今の時代に通用しないことを

 

大人たちは知っているでしょうか?

 

今の子ども達はそういう教育を受けていないのです。

 

人と違うことをしていたとしても、

 

誰かの役に立てることや

 

社会のために繋がっていることを認め合って生きていることを学んでいるのです。

 

それが、レオレオニのフレデリックという絵本を見ると良くわかります(*´▽`*)

 

冬に備えて働くねずみの仲間たちは

 

その中の一匹で全く働かないフレデリックに言うのです。

 

キミは何をしているんだい?

 

フレデリックは答えます。

 

お日さまを集めているんだよ!色を集めているんだよ!言葉を集めているんだよ!っと。

 

仲間達はそれがどういうことかよくわかりませんでしたが

 

フレデリックを責めたり、仲間外れにしたりなんてしません。

 

冬になり、初めのうちは食べ物も沢山ありみんな心豊かに過ごすのですが

 

そのうち食べ物も減り、だんだんと楽しいことも無くなり、

 

みんなの様子がネガティブになってきたころ

 

フレデリックに尋ねます。

 

キミの集めたお日さまや、色や、言葉は?っと。

 

するとフレデリックは

 

仲間達に目をつぶって聞いてごらんと言って、夏の温かなおひさまのお話や

 

季節に移ろう色のお話、そして沢山の言葉を使って

 

詩人の様にお話をするのです。みんなは心が温かくなり、

 

とても楽しい気持ちになりました。

 

フレデリックは食べ物は運ばなかったけれど

 

皆の心を豊かにするものをたくさん集めていたのですね。

 

さて私はどんな特技を使って人を豊かにすることが出来るでしょうか!!!

 

っということを考え、主体的に学び社会に役立つ人材になっ行くことが

 

大切だですよっという教育を今の子ども達は受けています。

 

アリは働き者だったけど、キリギリスに

 

一緒にどうぞっと声を掛けることはしなかったのね・・・

 

っというところです。

 

根性論で言えば、働かざる者食うべからずです。

 

でも今は、

 

みんな違ってみんないい!!!なんですよね。

 

あなたは今どっちの自分を生きていますか?

 

そして、その違いを受け止めて子育てが出来ているでしょうか?

 

根性論は今や自律・・・自分を律する心をもって生きることを身に着けることで

 

自ずと身につくと言われています。

 

その自分を律する心がどう育つかは、

 

また次回お話ししましょうね(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

お片付け嫌いなんだも〜ん!

  • 2020.02.06 Thursday
  • 13:51

 

 

 

お片付けって大人にも子どもにも嫌われているようです(∩´∀`)∩

 

いやいや、その嫌われ方がなかなかハードなもので

 

皆さんにお片付けが何か悪い事でもしたのではないかと

 

心配になるくらいです(≧▽≦)

 

お片付けは生き物ではないので、

 

自分から皆さんに攻撃したり、

 

勝手にお部屋を散らかしたりしているわけでもないのに

 

何故かお片付けは敵かの様に嫌われ、

 

お片付け嫌い!!!っと告白もしていないのに

 

一方的にフラれた感じになったりして・・・(/ω\)・・・

 

お片付けが生きている人間だとしたら、

 

肩身が狭くて、友達も少ないタイプ間違いなしです(≧▽≦)

 

でもなぜお片付けを嫌いになってしまうのでしょうか?

 

人の心理に何か影響する感情というものがあるのではないかと思い、

 

子どもの心理や環境についていろいろ学んでみると

 

面白い研究結果が裏打ちする結果があるわけです。

 

大人はおもちゃで遊んでいる子どもに、

 

ご飯の前や、寝る前になるとお片付けをしなさいと指示を出します。

 

子どもはまだ遊びたいと自分の考えを伝えますが、

 

親はその場所を綺麗にして、いったんリセットするための

 

お片付けを命令します。

 

そこには対等ではなく、大人が上から押し付けるという形で

 

子どもに大人の思う状態を作るよう言うわけですが、

 

子どもにも子どもの意思があり、

 

もっとこのブロックで大きな作品を作りたかったから壊したくなかった・・・とか、

 

今ちょうどいいアイディアが湧いていて、少し待ってほしい・・・など、

 

子どもにもタイミングやそこから何かが繋がっている場合の想定があるのです。

 

しかし私達大人も、子どもの頃から親の言うことは絶対に聞かなくてはいけないという

 

上下関係がありました。それに嫌悪感を持って育ってしまう・・・

 

今の最新の研究結果では

 

子どもの主体性を生かして遊ぶことは、

 

その後のこどもの意欲に関わっており

 

その意欲こそが学びであるというのです。

 

私達の時代は学びは教えられたことを覚える教育でしたが

 

今の教育とは、自分で課題を見つけ、それを自分の力で探求すること!

 

それが学びです。

 

では、なぜ学びの仕方が変わったかと言いますと

 

今世界中で問題になっている環境問題や、自然破壊の問題は大変深刻でありながら

 

現代の技術を持っても解決することが出来ないのが現状です。

 

これから育つ子ども達には、頭がいいとされてきた人たちが覚えてきた知識

 

以上の物を自分の力で開発したり、発見したりしてくれる人間を求めているのです。

 

そのためには教えられる学びでは、今以上を期待できない。

 

自分から意欲をもって研究したり探求する人材が欲しいのです!

 

それが世界基準の教育になっているということなのです。

 

ですから、お片付けも今までの形とは違います。

 

子どもが意欲的に学ぶ環境に必要なお片付けがあるのです。

 

それを遂行するために自分を律する形を

 

子どもの頃から身に着けていくことこそが

 

その子のミライの力を引き出す家庭であると言えると

 

私は思っています(*´▽`*)

 

意欲的な子どもが、お片付け好きになって

 

ミライにはお片付けが嫌いという人間がいなくなることを

 

期待せずにはいられない今日この頃です(^_-)-☆

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM